油水分離槽

HOME > 製品紹介 > 油水分離槽

油水分離槽

油水分離槽

より安全で使いやすく─進化していくOK式油水分離槽

NEW 4連式一般型に底付一体型が誕生しました!

油水分離槽 槽内FRP型油水分離槽 吸着BOX 油水分離槽、本体 油水分離槽、ピットホール 油水分離槽、油とるとるマット 油水分離槽、オイルチェックセンサー 油水分離槽、鋳鉄蓋or親子蓋 油水分離槽、吸着槽・スクリーン槽

新製品! 「小さな泡で大きな浮上分離力!」

OK式マイクロナノバブラー(気泡発生装置)の特徴


●微細気泡(マイクロ・ナノバブル)による「浮上分離促進・浄化」
●水質改善(BOD,COD,TOC等)
●臭いの減少
●小さなスペースへ設置可能「エアー自給式」
●効果的な酸素供給
●定期清掃コストの削減
●軽量なので取扱いが簡単

これからの油水分離槽

工場製の油水分離槽は、施工性、工期短縮を目的に作られてきました。しかし自然環境や生活環境問題に高い関心が寄せられる今日では、施工性はもちろん、環境に配慮したものが必要となっています。平成17年1月からスタートした自動車リサイクル法では、解体業者破砕業者への油水分離槽の設置を義務づけています。また産業廃棄物処理場や各企業のISOの取り組みの中でも労働環境や地域住民の安全を考え、自主的に油水分離槽を設置することが増えてきました。
当社では施工性、工期短縮だけでなく、使用者の立場にたった安全管理やメンテナンスを特に重要だと考えます。油水分離槽は長期に渡り使用する場合が多く、そのメンテナンスコストは、ばかにできません。"オーイケ"では独自の技術により、機能性・施工性・確実な維持管理に優れ、併せて経済的な油水分離槽を開発しました。
いつまでも子供たちが安心して遊ぶことのできる豊かな自然を守り、よりよい環境を未来へ残していこうと思います。

油水分離槽とは?

油水分離槽・ガソリントラップ・オイルトラップ・グリス(グリース)阻集器・油脂分離槽と、呼び名は様々ですが、その基本構造は水と油の比重の違いを利用した自然分離浮上方式を基本としたものが一般的で、他に吸着法や生物(微生物)処理や化学処理と併用するものもあります。

OK式油水分離槽とは?

OK式油水分離槽はコンクリート製で荷重に強く、屋外設置に特に適します。一般型油水分離槽はGRC(ガラス繊維入りコンクリート)で軽量・コンパクト、施工性が良くガソリンスタンド等で大変多くの実績・評価を頂いております。
また、分離方式は槽内に独自のトラップ構造を持つ自然分離浮上方式で小スペースで機能性に優れます。


関連リンク

お問い合わせ・資料請求ご質問やご相談、資料請求などお気軽にお申し付けください。
真心こめてサポートさせていただきます。



HOME > 製品紹介 > 油水分離槽