OK式ハンドホール
51/72

hand hole49ポール基礎 フェンス基礎 特殊型基礎ハンドホール参考資料ハンドホール用部材ハンドホール用鉄蓋ハンドホール本体ハンドホール用 部材■OKエポタイト(2液性エポキシ系パテ状接着剤)止水剤・接着剤 管路取付用接着剤FEP 管とハンドホール部の隙間を埋める時に使用します。■用途 ○マンホール・ハンドホール等のコンクリートとパイプの接着。 ○コンクリート同士の接着。 ○シールドセグメント等の目地充填、コーキング。■特徴 ○作業性:手練り作業性に優れています。 ○接着性:コンクリートに対する接着性に優れています。 ○なじみ性:各種パイプのなじみ性が良好です。 ○湿潤接着性:湿潤面でも優れた接着性を有します。■包装容量 10kg セット(主剤5kg 硬化剤5kg) 6kg セット(主剤3kg 硬化剤3kg)■性状項目OKエポタイト測定方法主剤硬化剤外観白色パテ状灰色パテ状目視主成分エポキシ樹脂ポリアミドアミン配合比(主/硬)1/1重量比、容量比可使時間30分1kg/23℃硬化時間150分JIS A 硬度計で硬度が80に達する時間■硬化物物性項目OKエポタイト測定方法圧縮降状強さ74.4MPaJIS K 7208圧縮弾性率2.8×103MPaJIS K 7208引張強さ27.5MPaJIS K 6911曲げ強さ47.5MPaJIS K 7203※測定条件23℃ 養生条件23℃/7日■使用方法○下地処理:コンクリート、モルタル、タイル等の施工面のレイタンス、ゴミ油分は除去してください。○配合:主剤と硬化剤を1:1の重量割合で正確に計量し十分に攪拌混合してください。混合、攪拌不良ですと硬化不良の原因となります。○可使時間:配合量は、可使時間内に使い切れる量で配合してください。雰囲気温度が高いほど、配合量が多いほど可使時間は短くなります。○養生:養生温度は原則として5℃以上で使用してください。養生中は振動、水分等の影響を受けないようにしてください。■注意事項○作業場所は十分に換気し、保護具等を着用してください。○作業服、工具に付着した樹脂は速やかに除去してください。○体質によってはカブレることがありますので、保護具等を着用し、皮膚に付着した場合には直ちに、石鹸水で洗い流してください。○皮膚障害、呼吸障害が見られるときは、必要に応じて医師の診察を受けてください。○使用後の容器は蓋を閉めて冷暗所に保管してください。

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る