油水分離槽
31/34

30研究・実験を重ね より良い製品をご提案いたします。<1/6スケール実験><原寸分離槽実験>油水分離槽は、メンテナンスフリーの製品ではありません。メンテナンスを怠ると、詰まり、漏れの原因となります。各機能を充分に活かすためにはメンテナンスは欠かすことの出来ない作業です。一般的に吸着マットの使用及び清掃業者への依託がほとんどですが、用途や使用状況により流出状況が異なるので、まず状況を把握し吸着マットの交換や点検周期について各業者及び管理者で相談・決定してください。なお、一度決めたメンテナンス方法も、設置状況及び流入状況に合わせ1年に一回は見直しをするようにしましょう。

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る