大型雨水貯留浸透システム

大型雨水貯留浸透システム

大量の雨水処理や調整池等で活用される大型浸透施設(コンクリート製 大型貯留浸透BOX・プラスチック製貯留浸透槽)

人と水とのより良い関係づくりを目指して

今、人と水の関係が見直されています。
私たちは、経済成長や効率向上を追い求め、雨水を邪魔にして排出する事ばかり考えて、川の護岸をコンクリートなどによる三面張排水路にしてきました。
そして、必要なのは水は自然破壊につながるダムや河川堰を建設し、市街地では取水井戸を堀り利用してきました。その結果、市街地の水資源が枯渇、地下水も低下して地盤沈下する一方、大雨が続くと河川や下水道が氾濫する災害に見舞われています。
私たちオーイケは自社製品を通じて、本来の水循環機能を回復させ、自然環境と都市との調和・保全に貢献していきます。

Product Detailコストパフォーマンスが高い雨水貯留浸透システム

近年、地球温暖化との関連も指摘される局所的な集中豪雨が増加傾向にあり、都市に降った雨水を河川等へ排水できないことによる浸水被害が頻発しています。このような浸水被害を出来る限り軽減させるためには、雨水の排除のみにより対応することは合理的ではありません。
OK式大型貯留浸透BOXは大量の雨水を貯留して浸透させることで、本来の水循環機能を回復させることができます。


LineupOK式大型貯留浸透システムの製品ラインナップ

OK式大型貯留浸透BOX

品番:
OKZBOX

地下に槽を形成し、槽の延長により貯留及び浸透処理します。

CADダウンロード

OK式大型貯留浸透BOXの構造例

浸透透桝や浸トレンチ・側溝では処理が難しい場合や工場や市街地のマンション等、設置スペースに制限がある場合にも大容量の貯留スペースと浸透量で対応できます。
また、側壁の浸透用の開孔は高さを変えたうえで作成することで底面は水槽としての機能も併せ持つことができ、利水・災害用水として使用するなど、多機能化も可能です。

Option
ハイドロスタッフ(堆砂抑制システム)

「ハイドロスタッフ」は、貯留槽内に流入した土砂をパーティション内に沈溜させ、拡散を防止するシステムです。堆積した土砂の清掃が可能となり、長期にわたり貯留機能を維持できます。

  1. 土砂を局所的に沈溜させる
  2. 人が中に入り清掃が可能
  3. 堆砂抑制効果90%以上*
  4. 構内T-25に対応しています

* 堆砂抑制効果の数値は、建設技術審査証明取得時の立会試験時のデータです。保証値ではありません。

ハイドロスタッフ(堆砂抑制システム)製品詳細

ハイドロスタッフの特徴
優れた耐震性。大型貯留槽にも対応

ハイドロスタッフは、継手レス&千鳥配置で貯留槽を組み立てていくため、せん断特性に優れており、レベル2相当の地震を想定した許容貯留槽幅*は、業界トップクラスを誇ります。
*「プラスチック製雨水地下貯留浸透技術マニュアル」耐震性能試験に準拠して算出

土被り(普通土)許容貯留槽幅
0.5m~0.8m以下144m
0.8m~2.0m以下72m
条件:
土被り0.8m(普通土)
144m(200個)×144m(200個)×2.388m*(6段)×空隙率95% ≒ 47,000トン
*共同研究での実験は耐震性能試験を6段階で実施しています。貯留槽高さ7段(2.781m)、8段(3.174m)を採用の場合は、別途ご相談ください。
各種試験を実施
(交番載荷試験)
継手を使わない千鳥配置構造のため地震時に
発生するせん断変形に強い
貯留槽内部を目視可能
貯留槽内部の構造

ハイドロスタッフは、柱構造を採用しています。
1段の高さは393mm(組入厚さ含む)。
貯留槽内部の空間が、大きく取れます。

技術評価認定を取得

技術評価認定
公益社団法人 雨水貯留浸透技術協会
雨水技評 第19号-2
自 2018年12月20日 至 2023年12月19日

堆砂抑制システムの原理

貯留槽内に流入する雨水は、一般的な流入槽の場合、粒径の小さな砂まで除去できません。
本システムは、流入槽で取り切れず、貯留槽内に侵入してしまった小さな砂を1カ所に集め、槽内の清掃ができるように開発されたシステムです。

堆砂抑制システムの現場調査(施工から1年3カ月後の状況)
堆砂抑制システム内部
約10cmの土砂堆積
流出接続管付近 点検孔部
ほぼ土砂の堆積なし
施工例
側面図

作業員が貯留槽内に入って清掃が可能です。
※必ず作業要領書に従い、換気などを行ってください。